私の中でへそくりのイメージといえば、サザエさんが本の間に隠したり、額の裏に隠したりする
イメージがあります。あれ、どうして隠すんでしょうね。使っていないお財布にしまって
おくとかではダメなのでしょうか?家族にも秘密裏に行うからへそくりと言うのでしょうか?
私も最近ちょっとへそくりをやってみたいなと思ったのですが、本の間などに入れたら
絶対に忘れてしまうと思うので、使っていないお財布に入れてみました。
でも、普通に箪笥に入れてあります。家族に見つかったら何か言われるのかしら?とちょっと
ドキドキしています。

現在2歳になる娘がいるんで仕事は休業しています。だから

専業主婦 カードローン

も借りれるんですよ。もちろん返済は旦那の給料からですけどね^^;
子供の手が離れたらまた働こうとは思ってるけどそれまでは主婦頑張りますよ。
でもやりくりヘタなんでどうも貯金とか出来ないんですよね(泣)

最近、ずっと行っていなかったフィットネスクラブの退会手続きをしてきました。一応退会保留ということで、
毎月500円だけ払っている状態だったんですが、よく考えてみたらこの500円て結構大きいですよね。

一年で計算すると6000円も、まったく無駄にしていたんです。6000円あったら美味しいディナーが
食べられるのに!なんだか悔しくなってきました。そう考えると、これくらいいいかと思って買ったスナックや、
コンビニで割高に買っているジュースも一年分積もり積もったら結構大きな無駄になるのかも。

私は結婚してからずっとへそくりをしています。家計をやりくりして少しでも節約して、
残りをへそくりに回しているのです。最初は「へそくりなんて夫に申し訳ないかな。」
なんて思っていましたが、最近は「節約してお金を浮かしてるのは私なんだから少しくらい
もらってもいいよね。」と思うようになりました。少額しか貯めることができませんが、
長年貯めていると結構な金額になってきています。子供が大きくなったら旅行に一緒に
行こうかと思っています。

ギャンブルが止められない。お金が無くても行ってしまうもう病気みたいなもん
ですかね><。引き落としとか計算してそれ以外で遊ぶけどたまに計算ミスで足りなくなり

プロミス 渋谷

のお世話になる事もしばしばあります。どうやったらやめられるでしょう・・・
毎日は行かなくなったけど毎週遊びに行ってしまいます。

世の人の悩みとして、だんだん貧乏になっていくというものが挙げられるかもしれません。
だんだん貧乏になるという言い方は、正確ではないのかもしれません。若い頃も貧乏だった
のですが、若いときは夢があるため貧乏があまり気にならないものです。
また、友人も同じく貧乏なため、安いお店に飲みに行く楽しみなどを共有できます。

ところが、年をとってくると、貧乏なことが俄然気になりだします。周囲はどんどん出世して
いくため、自分だけがお金がないような気がしてくるのです。

キッチンがきれいに片づいているのは、節約のためにも重要なことです。節約したい人は、
お鍋のこげつきをきれいに磨いてみることをお勧めします。
お鍋にこげつきがあり、あまりピカピカでないと料理をする気が半減します。
しかし、お鍋がピカピカだと、冷蔵庫の残り物を使って料理を工夫する気分になります。
キッチンや冷蔵庫には無駄な食材をためこみがちです。今あるもので工夫して料理できれば、
家計の節約につながります。今あるものを有効活用するために、まずは鍋みがきから
はじめてみるとよいかもしれません。

リストラにあいました。暫くは何とかなるけど仕事が見つからないと生活が・・・
貯金してればよかったよ(泣)

収入証明書 不要

で借りれる所知ってはいますが出来たら乗り切りたいな。どうしようもなくなったら
借りる事にすると思うけどね。でも証明書要らないっていいよね。少ない収入さえあれば
返済可能だから借りれるもんね。でも今無職w

基本的に貯金は苦手だ。毎月一定額を分けてからやりくりするというのがどうにも性に合わない。
あればあるだけ使ってしまう。だから自分に合った方法として宝くじの当選金は使わない
ことにしている。当たり券は換金しなければ使えないから意外とこの方法はあっていた。

引き換え期限にさえ気を付ければ、しばらくの間は使わないお金を維持できる。
もっとも、そう簡単には当たらないが、だからこそ当たった時はいっそう嬉しい。
しかし、これはひと月もたたずにとん挫した。どういうわけか、当たりくじが家族に探し
当てられたからだ。おかげで当選金は一晩の外食代にほとんど消えてしまった。
金の在りかは匂いでわかるというが、どうやら本当だと実感した。